はらたまhome弐番館

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線おやつその2

<<   作成日時 : 2006/03/27 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

出張で出かける際、電車の待ち時間でついつい立ち食いうどん/そばを食べたくなるのと同様、新幹線に乗ると普段は食べないようなお菓子を食べたくなるのです。

今回はブルボンのプチシリーズ。
東京までの道は長いのです。ちまちま食べるのに適した形状がよろしいでしょう。

んで、例によってパッケージ裏面の記載事項を確認。
小麦粉、マーガリン、卵白などなどと原材料表示の枠外には注意事項。
直射日光と高温を避けて保存しなければなりません。そりゃお菓子ですから。しかしその後。

高温でクリームが溶けることに関する注意が書かれているところまではお約束だったのですが、そこにはもう一つはっきりと「その場合風味が劣る」と書かれています。
いったん溶けてから形が崩れた状態でもう一度冷えて固まった場合「風味が劣る」のだそうです。そりゃそうだろうと思いつつも風味について書かれたものを見たのは初めてだったので少し新鮮でした。
そして風味が劣ってしまった状態のお菓子を食べても「身体には支障ない」のだそうです。
これも記載されていました。

うーむ。安全ではあるものの風味が劣る状態。とりあえず見てみたい(食べ比べてみたいようなそうでないような)。

ちなみに私が購入したこのお菓子は直射日光にさらされることもなく30℃以下で保存されていた様で、もちろん風味にも問題はありませんでした。私の好みよりは少し甘みが強いように感じたものの美味であったことも書いておかねばならないでしょう。

写真に収まっているペットボトルのお茶(キリン あつい生茶)は、
「お茶の成分が沈殿したり、濁ったりする場合がありますが、品質には問題ない」そうです。沈殿や変色については飲料では良くある表示ですね。

あ。「粗ろ過ですので、お茶の成分が沈殿します。よくふってお飲みください」って書いてある。半分くらい飲んでから気づいてしもうた。あいたっ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新幹線おやつその2 はらたまhome弐番館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる