はらたまhome弐番館

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろなことをおもった日〜華麗に加齢したい

<<   作成日時 : 2008/05/29 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大変ながらくご無沙汰してしまいました。

まあ色々ありましてですね、ここ一ヶ月ほどの間、心境の変化というかなんというか。
「心境の変化」なんて書き方すると何か変わっていそうなのですが、これといってどこも変わっていない今の状況からすると、ぐるっと回って結局元のところに戻ってきただけじゃないかと、そんな感じの今日この頃。

朝、洗面所で鏡を見てみるとついに自分でも確認できてしまうところに白髪が生えていたりして、嗚呼自分も少しは何か苦労しているのね、ということしておいて、加齢とか経年劣化とかそういう要因については今しばらく忘れたふりをさせていただきたい、そんな感じの今日この頃。

さてそんな前置きとは全く関係がないのですが、
昨日今日、祖母の通夜と葬儀がありまして。
実は今帰りの新幹線車内にいるのです。

もうすぐ91歳という年齢。
生ききった、と言ってもいいのかなと思いますが。

正直言ってあまり可愛い方の孫ではなかったかな(高校入ったくらいから足も遠のいてたし)、などと自分を振り返って見るも時を戻すことは出来ず、おばあちゃんとお別れしてきましたですよ。

昔からかなーり熱心なジャイアンツのファンでした。
最近では特に二岡選手が好きだったとか。
そういえば毎晩野球中継は欠かさず視聴(テレビは音声消して映像のみにして、ラジオの中継聞いてた)、夕食作るときもラジオで中継聞いてたなあ。

一人暮らしの長い、すごく(良い意味で)プライドをもった祖母でした。
祖母がずっと一人暮らししていた家も見に行ったのですが、私が物心ついたころ遊びに行っていた「おばあちゃん家」そのまま。何十年も時が止まったままという感じ。
古い古い市営住宅で、リフォームとかそういうことをしていない、台所も風呂も昭和初期かよ、って雰囲気で。
んで、お金持ちではないけど、本当、きっちり生きていた、ということが随所にうかがえる状態で。あちこちの引き出しには取ってあったビニール袋やら、使っていない大量のタオルやら、ゴムひもやら、なぜかサンドペーパーやらがきちんと整頓されて保管されていて。
んで、その部屋には原監督と二岡選手のポスター貼ってた。と。

そんな家で、なんというか、良い言葉が見つからないんだけど、格好良く暮らしてたと勝手にイメージしてますけど、超シンプルライフ(良い意味で)を生きていたのでした。祖母は。うーん。


通夜の晩は両親や叔父さん他親戚と酒なんか飲みながらはらたま家のルーツ的な話を聞いたりなんだり、ごくごく普通にお別れしたのでした。

歳の取り方ってのは、難しい。
いや、格好良く歳をとるってのはね。うん。
そんなことを、新幹線のデッキにある洗面所の鏡でオノレの白髪を見ながら思いましたとさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろいろなことをおもった日〜華麗に加齢したい はらたまhome弐番館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる