はらたまhome弐番館

アクセスカウンタ

zoom RSS トト、羊に襲われる

<<   作成日時 : 2009/08/07 00:31   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

6年以上前に書いた雑文を読み返してみました。
少しこっ恥ずかしいのですがリンク張っちゃったりなんかして。

上記リンクのように私は「おとなしく、主体性に乏しい行動をとる人」を羊と呼んでいたのでありますが、実際の羊というのはそのおとなしさの裏に実に毅然としたプライドを持ち、ここぞという時の攻撃力を秘めた生き物なのだと実感した出来事がありました。

先日、地域のイベントがあり、子供たちを連れて遊びに行ったのです。
カキ氷が無料で配られていたり、冷やしうどんが250円だったりと非常にお手軽なイベントなのですが、その中に「羊と触れ合える」というコーナーが昨年くらいから登場しているのです。
地元の学校が研究している、「遊休地の雑草を刈るコストをかけずに羊に草を食べさせ、糞で土壌も良くなりウマー」という羊放牧実験の紹介コーナーということなのですが、ちょっと資料をおいてあって、あとは羊がつながれているだけ。
足元には雑草の束が。これを羊に与えてくれということのようです。
子供たちはよろこんで羊に寄って行き、草を食べさせたり、恐る恐る毛皮をなでてみたり。

少々のことでは羊はなにもしません。なんといってもおとなしい。ただひたすらモグモグ雑草を食べています。
そういうおとなしい存在を見ると調子に乗っていたずらをする奴っているんです。今回はうちの息子トトでしたが……。

羊の頭の上から草をバサッとかけてみたり、後ろから耳を掴んでみたり。
こらやめんかと何度か注意はしていましたが、私にも羊はおとなしいものであるという思い込みがあったのでしょう。トトを羊から引き離すまでには至りませんでした。
少し目を離した時、「ぶしゅるるる」とかなんとかそんな音が聞こえたのでそちらをみてみると……。

羊の突進、頭突きを受けて転倒するトトの姿が!!

幸い、羊はつながれていたので追い討ちは受けずトトは転倒するだけで済んでいましたが、突然のことで動揺して泣き出してしまいました。

「だからやめろと言っただろ」「おとなしい相手だと思って調子に乗るからだ。よくわかっただろ」

一通り説教くらわした後、少し我に返って「そういえば怪我ないか?」とトトに確認した私は冷たい親でしょうか。
怪我はまったくなく、ズボンが汚れた程度。羊はきっと手加減してくれたのでしょう。
ありがとう羊。

トトにはこの出来事をきっかけにして、おとなしい存在を舐めてかかって失礼な言動を取るような人間にならず、自らは基本的におとなしく、しかし怒るべきときには怒る、そんな感じに育っていってもらいたいと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
怪我なくなによりでした。そしてトトくんもきっと、おとなしいヤツほど怒らせるとコワイことを学んだでしょう。

ところで、「自らは基本的におとなしく、しかし怒るべきときには怒る、そんな感じに」なるのはいいですが、宴会場所を求めて、メェメェ彷徨うようにはならないで欲しいものです。めぇぇ。
hiro
2009/08/07 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
トト、羊に襲われる はらたまhome弐番館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる