はらたまhome弐番館

アクセスカウンタ

zoom RSS Interlink復活への試み

<<   作成日時 : 2010/03/09 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
HDDの寿命が来たのか、正常に起動することが出来なくなった愛機Interlink。
新しい巣の中の「私の巣」、ウォークインクロゼットの片隅に設けられた書斎スペースには先日購入した激安デスクトップ君(以下、「激安君」)が鎮座しております。
しかし7年にわたって愛用してきたInterlink、こいつも何とか復活させたい。バックアップをサボっていたデータも引き上げたいと言うことでちょこちょこと復活を試みていました。

電源系などHDD以外の故障だったら手におえないかもと思いつつ、linuxに手を出してみることに。

本屋でliveCD、て言うんですね、CDROMから起動できるやつがおまけで付いている本を購入、Interlinkにドライブを接続して−
できましたできました。windowsとそう変わらない感じの画面が出てきました。素晴らしい。Interlinkの起動不良はやはりwindowsがインストールされているHDDの問題だったようです。

……。

が、どうにも動作が重たく、何かしようとするとすぐにフリーズ。ネットで色々調べてみるとどうもメモリも素のまま256MBのInterlinkには荷が重そうな感じ。先に調べてから本買えよと言う感じですが、まあいいんです。この本のおかげで「ubuntu」は「うぶんつ」ではなく「うぶんとぅ」と読むのだと言うことがわかったのです。
人前で「うぶんつ入れてみたけどなんだか重くてさ〜」なんて発言して、「ぷぷっうぶんつだってさー」とか言われて笑われずに済んだのです。ありがとううぶんつ入門の本。

さてネットでさらに色々見てみると(やはり先に調べるべきだった)、linuxというのにも色々あって先程の高機能な「ubuntu」以外にも1CDに収まる、しかも低スペックのPCでも快適に動くやつがあるらしい、ということで写真のような状態に。

puppylinuxというやつを試してみました。linuxの中でも快適軽量サクサクが売りっぽい奴みたいです。これは期待大。

激安君でダウンロードしてCDに焼き、その起動CDでpuppylinuxを起動、今度はInterlinkで起動しやすいよう、liveUSBメモリを作成しました。

そのUSBメモリを差したInterlink、今度はちゃんと動きます。無線LANも接続成功、ネットブラウズもできました。
まずはHDD内の写真データなどをちょこちょこ避難させています。
これならちょっとしたネット閲覧、テキスト入力マシンとしてなら復活できそうな気配です。夢が広がります。
一度壊れたものです、少々大胆なことも試してみたくなりました。
壊れたHDDを換装(SSDにしてみるとか?)して、そのなかにpuppylinuxインストールしたらいいじゃん? とか、その前にメモリ増設しとくか? なんて。残念ながら大容量バッテリーは入手困難なようですが。
買った当初から特にバッテリーには気を使っていました(なるべく使いきってから充電、ACアダプタ繋ぎながら使わない、など)ので持ち歩き用途には何とかギリギリ使える駆動時間も確保できるのではないかと思いますし。

なかなか手を出す時間がないのですが今後の楽しみが一つ出来たような気がしています。

もうちょっとだけ付き合おうぜInterlink君よ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ようこそこっちの世界へ!!

バッテリーが枯渇したら、家庭内サーバに転用しましょう。うちの家庭内サーバは、初代機は液晶が死んでしまった MobioNX (P54C 200MHz/96MB/4GB)でした。
hiro
2010/03/10 08:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
Interlink復活への試み はらたまhome弐番館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる