はらたまhome弐番館

アクセスカウンタ

zoom RSS CI−CAよ私が悪かった。しかし。

<<   作成日時 : 2005/01/12 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
奈良交通のICカード、CI−CA(シーカ)について。

今朝、CI−CAでの運賃支払いに再トライするも失敗。

原因がわかりました。

奈良交通のバスは乗車時支払いと降車時支払いの二通りがあります。そして、読み取り機が運転手さんの横に二つ設置されているのです。

はい。そうです。

昨日、今日と私は「間違った方の読み取り機」にCI−CAを「ピタっと」していたのでした。
いいえ、「ピタっと」どころではありません。ピタピタベタベタグルグルズルズルしてしまいました。嗚呼恥ずかしい。
私は「乗車時支払い」用の読み取り機相手にピタピタベタベタグルグルズルズルしておりまして、ピタピタベタベタグルグルズルズルしている私を見て運転手さんがチョンチョンと指さした別の機械。それが、「清算用読み取り機」だったのでした。はは恥ずかしい。
(私が乗っている路線では、乗車時に「乗車時用読み取り機」ではなく、「清算用読み取り機」を使用しなければならなかったのです。ああややこしい)

しかし、奈良交通さんに一声言いたい(ただし小声)。
支払い方法が選択できるのは良いことです。新しいものを積極的に導入していくその姿勢や良し。

しかし、御社のバス、運転手さんの横は今こんな感じになっていますよ。
バス車内で撮影する根性が無かったので図示。見にくい点はご容赦を。


「直感的な操作で多くの人が意識せずに使える」事が重要なのは何もコンピューター等に限った事ではありません。
「乗車時支払い用読み取り機」が乗車してすぐ目の前にある位置(現在「降車時支払い用読み取り機」が設置してある場所)にあるのはそれで良いと思いますが、住宅地→駅というパターンで乗車時支払いをする私のような人間は「清算用読み取り機」で「乗車時支払い」を行わなければなりません。少々判りにくいように思います。

え? この一言はとっても読みにくくて直感的に理解しがたい?

はい。新年早々再出発です。
そんな事を思った寒い朝でした。

参考リンク:
http://www.narakotsu.co.jp/na_v/na_v003.html
奈良交通CI-CA案内

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お財布メモステとか出るんでしょうか?
進化するSDカード、非接触ICカード内蔵など  次に来るのが、SDカードの業界団... ...続きを見る
らくがき
2005/01/13 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぅ・・・読んでるだけでめまいが・・・
そんなややこしかったとは。
実はなんで入り口に2つも読み取り機があるのか不思議に思ってたんですよぉ。
私もそろそろ訓練開始しよっかなぁ(笑)
holy-cow
2005/01/13 00:36
いや、少々大げさに書いておりますけども、どちらかは必ず正解ですからご安心を。1回間違えておけば以後間違えることは無いでしょう。

実は財布で読み取りはまだやっていません。
小心者の私はカードを取り出して読み取り機に……。
意味無いじゃーん。それってー。

今日は「財布ごとピタっ」のテストです。
はらたま
2005/01/13 05:54
はらたまさん、こんばんは。
奮闘されてますねえ、シーカ。実は私も告白すると、初めて使ったときは乗車用のリーダに必死でペタペタやってました。おかしいなあと思って何度かトライするうちに、運転手さんが教えてくれましたけど。みなさん同じなんですねえー。でも確かに永年バスカード(磁気)を使い慣れていると、おっしゃるとおり階段の目前にある乗車用に触れるのが自然な流れです。ぜひ改善してほしいですね。
すーさん@奈良
2005/01/13 20:41
こんばんは。

>実は私も告白すると、初めて使ったときは乗車用のリーダに必死でペタペタやってました。

な、仲間がいたなんて。少しほっとしたような(?)。

本日、財布ごと読み取り機に乗っけて無事清算に成功しました。
やれやれ。これでもう間違えることは無いと思いますけどね。
はい。
はらたま
2005/01/14 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
CI−CAよ私が悪かった。しかし。 はらたまhome弐番館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる